カミソリによる脱毛処理の注意点


自分で脱毛ケアをする、といった場合に一番多いのが「カミソリ」によるむだ毛処理でしょう。

カミソリで処理する場合には、注意が必要です。

まず、剃る部分のむだ毛をやわらかくするようにしましょう。大抵はお風呂場などで処理するとは思いますが、ゆっくりお風呂の入り肌を柔らかくする事が大切です。もし、お風呂に入らないで処理する場合なら、蒸しタオルなどで処理する場所を充分にあたためておきましょう。

さらに、できれば専用のシェービングフォームを使用したいですね。石けんなどは泡立てた瞬間はいいのですが、剃っているとどんどん泡立ちが消えてしまい、肌へ直接の負担がかかってしまいます。シェービング用に開発されたクリームやフォームなら、こうしたカミソリ用に充分に泡立ち、肌へのケアも考えられているので安心です。

当然ですが、カミソリは新しいものを使います。時々、カミソリを何度か使ったり、あるいは家族で使い回しにしているなど耳にしますが、衛生面からまったくおすすめできません。また、何度か使うとカミソリの刃が悪くなり、剃りづらくなることで肌を傷つけてしまいます。

さらに、カミソリで剃った後の、アフターケアも大切です。
顔剃りならば、その後にローションやクリームを塗ってケアする人がほとんどですが、足やワキといった場所になるとそのままにしている人もけっこういるようですね。

でも、こうした場所も保湿ケアはとても大切です。
特に足、スネなどの箇所は皮膚の保湿を怠るとガサガサしたり、毛穴が荒れて、せっかくむだ毛を処理しても汚く見える事になりかねません。
また、保湿をしないと肌のトラブルも増えてしまいます。赤く腫れたり、かゆみを感じたり、ひどく乾燥してガサつくなどのトラブルはよく聞く事です。

カミソリでの脱毛処理は、こうした注意点をよく守って、肌トラブルを防ぐようにしましょう。