脱毛サロンの「施術方法」種類


サロンの脱毛処理方法は、いくつかあります。

まず最近のサロンの主流は、「フラッシュ脱毛」ですね。
これはカメラのフラッシュのような光りを毛根にあてて、この毛根を壊して脱毛する方法です。痛みも少なく、毛根を焼くような処理ではないのでやけどの心配もありません。比較的リーズナブルに処置できるのも魅力です。しかし、一度の処理で効果があらわれるわけではありません。毛の生え変わるサイクルにあわせて何度か行う必要があります。

レーザー脱毛は、医療機関が行うものとサロンで行うものは違います。サロンで行うものはレーザーの力がかなり抑えられたものなので、何度か通って継続的に行う事によって最終的にむだ毛のケアができます。
医療機関が行うのは、高い出力によって行われるので効果は抜群です。しかし、痛みもあり、やけどなどのトラブルがあるので、きちんとした専門医療機関を選ぶようにしましょう。

以前の脱毛サロンでの主流は「針脱毛」「ニードル脱毛」でした。これは専門の技術者が、毛穴に針のようなものをさして、電流を流して毛根を処理する方法です。かなりの痛みと金額が高いので、ひと昔前は「脱毛は高くて痛い」というイメージがついてしまったのです。しかし、上手なスタッフが行うと痛みも少なく、トラブルもありません。
フラッシュ脱毛は手軽でいいのですが、これが使えない場所、例えば埋没したむだ毛や、色素沈着を起こしている部分の脱毛にはニードル脱毛が効果的と言えます。
ただ、施術者の技術が大切なので、熟練したスタッフのいるサロンを選ぶようにしましょう。

いずれにせよ、ご自分の肌質、予算、脱毛したい箇所などによっても施術方法のベストな選択は変わってきます。
事前にまず充分に調べて、自分の目的とあうものを選ぶ、さらには施術を行ってくれるサロンが「良心的」かつ「信頼」できる店とスタッフがいるかどうかが、サロン選びの決め手となるでしょう。